お知らせ

未来を支える若き人材を育む架け橋として
途上国の発展に尽くします。

レインボー事業協同組合は日本の優れた技術・技能等(企業)と、ベトナムをはじめとした途上国の青年(技能実習生)とを結びつける事業に主軸を置く協同組合です。少人数ながら、組合で教室・宿泊施設等を保有し、入国から配属までを一括管理しています。法定講習を外部委託せずに当組合で行うことにより、組合員様の 負担の低減に努めています。若い外国人技能実習生に日本の優秀な技術を修得させ企業に貢献させると共に、帰国後は母国の産業発展の為にその技術を大いに活用してくれるものと確信しています。
現在は外国人技能実習生受入れ事業を中心に積極的に事業展開を行っており、更なる発展のために企業・組合員の皆様とともに努力をしてまいりたいと考えております。

レインボー事業協同組合
理事長 今 井  裕

<事業概況>

レインボー事業協同組合は日本の優れた技術・技能等をベトナムをはじめとした発展途上国の青年とを結びつける事業に主軸を置く協同組合です。

 

<組織>

名 称レインボー事業協同組合
所在地〒095-0002 北海道士別市東2条北3丁目17番地
TEL0165-30-4411
FAX0165-23-1507
代表理事今 井  裕
設立年月日2017年7月21日
許可省庁法務省・厚生労働省・出入国在留管理庁・北海道庁

〈沿革〉

設立年月日/2017年7月21日
特定技能支援団体許可/2019年5月21日
技能実習生監理団体許可/2019年9月26日

涙の運転免許

今、弊社しずお建設運輸グループにベトナムからの技能実習生が18名(男性12名・女性6名)勤務しています。彼らは朝早くから、夜遅くまで一生懸命働いています。そんな勤勉なベトナム技能実習生と私たちの絆を深める体験がありました。
始まりは、二人の女性技能実習生が「自動車運転免をとりたい」と相談に来たことからです。
ぜひ読んでみてください。



仲間からのメッセージ

技能実習生から特定技能1号の仲間へメッセージ
4人は2015年に技能実習生と来日し3年間仕事、勉強と頑張り4人とも運転免許を取得し、N3~N2に合格して技能実習生の模範として頑張ってきました。ぜひこのメッセージをごらんになりはげみにしてください。



技能実習受入制度について

技能実習法に基づく新たな外国人技能実習制度では、技能実習の適正な実施や技能実習生の保護の観点から、監理団体の許可制や技能実習計画の認定制等が新たに導入され、一方優良な監理団体・実習実施者に対しては実習期間の延長や受け入れ人数枠の拡大などの制度の拡充も図られています。詳しくは、下記のボタンよりご覧ください。



「特定技能」について

在留資格「特定技能」制度は、深刻な人手不足の状況に対応するため一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人を受入る制度です。詳しくは、下記のボタンよりご覧ください。